メンズスタイリングに欠かせないヘアワックスの選び方

みなさんこんにちは!茨城県守谷市の美容室、RAY新守谷店の新井です!!

今回はスタイリング剤、中でも1番よく使われているであろうワックスの選び方についてです

色々なワックスを買っても合わなかったり思い通りにいかなかったりすると思うので髪質やヘアスタイルによって最適なワックスを選べたら無駄がなくなると思います。

各メーカーによっても様々なのですが少しでもワックス選びの参考になったら嬉しいです。

メンズスタイリングに欠かせないワックスの種類

ファイバーワックス

ファイバーワックスはワックスを手に取った時に糸を引いたようになるワックスで繊維が含まれるワックスです

メリットは髪の毛に馴染ませやすくセットが用意で毛先の動きを出してしっかり作り込んだスタイリングが可能で、セットした後もキープ力があります!パーマスタイルなどと相性が良いです!

ですが油分が多いため重くなりやすく軟毛の場合髪の毛が潰れてセットが崩れやすいので軟毛の方は付けすぎに注意が必要です!

自然でふわっとしたスタイリングにも向かないので注意してください

マットワックス

次はマットワックスです、クレイワックスなどもこのワックスに分類されます

メリットは名前のとおりツヤの出にくいワックスで軽い質感をだしつつ軟毛の方でもしっかり髪の毛を固めることができます!

ですがワックスの伸びは悪くパーマスタイルのセットなどには向きません

クリームワックス

次はクリームワックスです、このワックスは今まで紹介したワックスの中間のスタイリング剤で伸びが良く、ツヤとふわっとした質感を出すことができます、長さのある髪の毛でもしっかり馴染ませることができます

ですが髪の毛の動きを出したり固めたりは出来ないのでナチュラルなヘアスタイルの方に向いています

ジェルワックス

次にジェルワックスです、ジェルワックスの特徴は髪型を崩さないホールド力と艶感です

スタイリングも簡単にできるのがいいところですが一度固まると手直しができない事と動きのあるスタイリングはできません、前髪を上げて髪の毛を流したりする方にはぴったりかも知れませんが、ふわっとさせたりパーマスタイルには向かないかも知れません

 スプレーワックス

スプレータイプのワックスはつけ心地が軽いものが多くなりますが、メンズのレングスではハードスプレーを選択することが多くなると思います。

スプレーはメンズヘアに限ってはワックスをつけた後のヘアスタイルをキープする役割を果たします

基本的な使い方はスプレーをよく振り20cm程離してまんべんなく吹きかけましょう、そしてスプレーを吹きかけた後はなるべく髪の毛に触らないようにすることが重要です、触れてしまうと粉吹きを起こしてしまい、スタイルが崩れてしまいます。

 

ムースタイプ

泡状のスタイリング剤です、質感はしっとりツヤがに出るタイプが多く、主にパーマスタイルや癖毛の方、カールを出したい時に使います。

重くならずにウェットな質感になります、基本的に固まらないので使いやすいスタイリング剤です。

グリースタイプ

こちらもウェットな質感を出すことができるワックスです、ジェルのような感覚で使うことが出来ますが、固まらずに手ぐしで手直しすることができます、ウェットな質感になるので動きのあるスタイルなどには向きませんが、通常のワックスと混ぜることで動きとツヤのあるスタイリングができます。

バーム

自然由来の原料で作られているので髪の毛以外にも爪や肌にも使うことが出来ます。肌にも優しく、オーガニック志向な方に向いています。

保湿力が高く、ツヤのあるナチュラルなスタイルを作ることができます

最後に

いかがでしたでしょうか、スタイリング剤はここに上げた以外にも沢山の種類がありますが、普段男性が使うスタイリングは当てはまってくるかと思います。ワックスはそれぞれ硬さや伸びの良さなども自分の髪質やレングスで変わってきますので参考にして頂けたら幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です