綺麗に髪の毛を伸ばすために大切なこと

皆さんこんにちは、茨城県守谷市のヘアサロン「Ray新守谷店」のスタイリストをしております。新井と申します!

式典などの行事で髪の毛を伸ばしていらっしゃる方も多いと思うので今回書かせていただきました!

髪の毛は放っておけば伸びますが、重要なのは、それまでの過程や目標の長さまでのヘアスタイルをどうしていくかだと思っています、実際に当店にいらっしゃるお客様も髪の毛を伸ばしていらっしゃるお客様も多いのでまとめてみました。

髪の毛は一か月に11.5cmほど伸びると言われており、それよりも早く伸ばしていくのは難しいです。

ですので髪の毛を伸ばす上で大切なのは、いかにして髪の毛を傷ませないように伸ばしていくかということです。

ショートヘアなどから伸ばしていく場合はレイヤーが入っていたり、すいていたり等してそのまま伸ばしてもヘアスタイルのバランスが崩れてしまったり、毛先が薄くなりバサバサになってしまったりしてしまいます。

また、そのまま伸ばし続けても毛先がスカスカになり余計にダメージを受けやすくなってしまうことも多いと思います。

綺麗な髪の毛の伸ばし方

髪の毛を傷ませないためのホームケアを

レングスに関係なく髪の毛を伸ばしていく上で最初考えなくてはいけないのは髪の毛を傷ませないことです。

ダメージの原因は日常生活で生じる乾燥などが主になっています。乾燥は普段のドライヤーの熱やアイロンはもちろんエアコンや紫外線でも髪の毛を乾燥させてしまう原因になりますので、正しいヘアケアを身につける必要があります。

又、ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正などをされている方も髪の毛を乾燥させやすくなるので注意が必要です。

美容院でのお手入れ

基本的にはそのままにしておけば一ヶ月に1cmから1.5cmは伸びる髪の毛ですがずっとそのままにしていると、ボリュームが増え過ぎて膨らんで見えてしまったり、ウエイトのバランスが崩れて、だらしなく見えてしまったりします。なのでレングスにもよりますが23ヶ月に一度は美容院でカットしてもらいましょう。

その時に、担当の美容師さんに髪の毛を伸ばし中であることと、目標としている髪の毛の長さとスタイルを伝えていただけるといいと思います。

伝えて頂かないと例えば伸ばし中と伝えずに髪の毛の痛んでいるところを切って下さいとオーダーした場合、長さをかなり切ってしまう場合があるからです、同様にスタイルもレイヤーを入れすぎてしまったりします。なのでしっかりカウンセリングをして担当者と自分のイメージを合わせて行きましょう、しっかり伝えていただけたその場合、基本的に髪の毛を切る長さは1cm程度になるので毛先の長さを整えヘアスタイル全体のバランスを整えることができます。

そしてヘアサロンでもトリートメントをして頂くこともオススメです。

髪の毛に良い食べ物

シャンプーやトリートメントなど、外側からのヘアケアなども大切ですが、髪の毛も身体の一部、内側から質の良い髪の毛を作っていくことも大切です
髪の毛を作るには5つの大切な要素があります
1.タンパク質
髪の毛ほとんどはケラチンというタンパク質で出来ています。
肉(鶏むね肉等)、魚(マグロの赤身やカツオ)、卵、乳製品(チーズ等)、大豆製品、牡蠣など、アミノ酸を含むタンパク質が多い食べ物を摂るようにしましょう。
(同じタンパク質を含む食品でもメインはお肉よりも脂肪分の少ない魚の方が好ましいかも知れません)
2.ビタミンA.B.C.E.F
血行を促進して抜け毛を防ぐ役割等(ビタミンA.E)
頭皮の新陳代謝を促進します(ビタミンB)
人参、南瓜、ほうれん草などの緑黄色野菜や柑橘類、ナッツ類等
3.コラーゲン
髪の毛のつや、ハリのある毛髪をつくる
納豆、長芋、蓮根等
4.ヨード
甲状腺の働きを助けることにより、髪の毛の発育を良くする
昆布、ひじき等の海藻類
5.エイコサペンタエン酸
血液の凝固する力を下げてコレステロールの蓄積を防ぐ
サバ、ブリなど青魚

髪の毛に好ましくない食べ物

栄養素自体は髪の毛に悪いものはないですが
激辛料理や、油の多いお肉、コーヒー、紅茶の飲み過ぎは脂肪分の摂りすぎや、交感神経を刺激するそうなのでオススメ出来ません。
結論から言うと脂肪分が多く、高カロリーな食事が度を超えると皮脂の分泌が異常に多くなり脂漏生脱毛症等の原因となってしまうようです
毎日のように高カロリーな食事をせずバランスの取れた食生活をすれば問題はないようですね

育毛するために必要な運動

食事をすることによって得たエネルギーのほとんどは血液に乗って全身に運ばれますが、血行が悪くなることにより全身にしっかりと栄養を行き渡らせることが難しくなります。
頭皮に関しては血液を全身に行き渡らせる心臓から離れているため、運動不足等で血行不良になった場合に影響を受けやすい体の部位です
なので運動不足は髪の毛を育てる上で関係のあることと思われます。
特に育毛のためには有酸素運動が効果的と言われています。そうすることで心肺機能と新陳代謝を高めることに繋がっていきます。
理想なのはジムなどに通い有酸素運動を行うことがいいですが、日常の中で歩く機会を増やしたり階段を使う等普段何気なく出来ることしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です