頭皮と毛穴のお悩み即解決。ご自宅でできる簡単ケア教えます☆

いきなりですが育毛は投資です!

頭皮に今のうちにしっかりと投資をしておくと10年後、20年後あなたの頭皮や髪の毛は若々しい素敵な状態でいられます(^^

こんにちは^ ^ideaみらい平店店長の「オームラ」です。

 

最近、、、

「髪の毛のハリコシが、なくなってきた」

「髪の毛がペターーーンとする」

「抜け毛多くなってきた」

「なんとなく臭いが気になる」

など頭皮や髪の毛の事で悩んでいませんか?

僕は最近お客様からこのようなお悩みを沢山聞きます。

日々の習慣を少し変えるだけで将来の頭皮&髪の毛の状態は変わります。

頭皮ケアが必要な理由

私たちは、毎日スタイリング剤を使ってセットをします。そのスタイリング剤をはじめ、空気中のホコリや汗、皮脂など、普通に過ごしているだけで、髪や頭皮にはいろんな汚れがつきます。

落としきれなかった頭皮の汚れが、毛穴のつまりや炎症をおこしたり、雑菌が繁殖する場合もあります。よって「かゆみ」「フケ」「ニオイ」「抜け毛」などの原因になります。

そのためにも頭皮に汚れを残さないようにし日々ケアしてあげることが将来の美しい頭皮や髪の毛の状態に繋がります。

今のうちに正しいやり方を覚えてぜひ実践してみて下さい。

まずは頭皮について詳しく説明いたします。

日本人の頭皮のタイプは大きく分けて二つ!!

乾燥肌とオイリー肌です。

乾燥肌はフケやかゆみが起こりやすくカラーリングなども染みやすい体質です。

ただし乾燥肌の方はデメリットだけではなく頭皮のニオイが出づらく、全体的に髪の毛も細く柔らかい方が多い印象です。

オイリー肌の人は、頭皮にできモノやニキビが出やすいという印象があります。

脂がでやすいということから毛穴に汚れが溜まりやすい印象です。

脂が出ると肌の酸性がより強くなりバクテリアがわきやすくニオイが出やすくなります。

全体的にクセ毛で硬毛の人に多い印象です。

頭皮は年齢とともに変化していく!?

年齢をかさねることで乾燥肌の方は乾燥しやすく、オイリー肌の方も同じで年齢とともに乾燥肌に近づいていきます。

そういったことからカラー材が合わなかったり、パーマ液がしみるなどのトラブルが起きやすくなることもあります。

頭皮のトラブル解消方法

頭皮のトラブルを事前にケアする方法で1番身近な方法で言うと、、、シャンプーの選び方です!

シャンプーの種類を大きく3つ分けられます!

①石油系シャンプー

②石鹸系シャンプー

③アミノ酸系シャンプー

③のアミノ酸系シャンプーを使っていただくと頭皮も安定してトラブルが、少なくなると言われています。

頭皮をマッサージすると10歳も若返る効果がある。

「老け顔」の悩みを解消するポイントが「頭筋」!実は頭には足裏のようにいくつものツボがあります。頭皮をマッサージするだけで、全身のケアができるとも言われています。

ポイント1

額の筋肉を引き上げるのは頭頂部の筋肉

額の筋肉を引き上げている部分なので、頭頂部がコルと額の横ジワが出現します。コリは血行不良からくるものですが脳の疲労からもコリは発生します。真面目な人に頭頂部の疲れは現れやすいとも言われています。ここをほぐすと「額の横ジワ」予防にも繋がります。

ポイント2

額とまぶたのたるみに効果的なのは「前頭部の筋肉」

額の筋肉とつながっているのが前頭部の筋肉です。前頭部は前頭葉のある部分。前頭葉は思考を司る働きがあり、考え事が多い人が最も影響を受けやすいとも言われています。

ここをほぐすと「額の横ジワ」「まぶたのたるみ」にも効果がでると言われています。

ポイント3

まぶたのたるみに働きかける「後頭部」の筋肉

パソコンなどで目が疲れている人がとても多いです。目の疲れからコリとなって現れる部位が「後頭部」です。ここのコリが眼精疲労はもちろん、まぶたが重たく感じられる原因です。

実は、後頭部が前頭部をしっかりと引き上げて固定しているので、額の横ジワなどにも影響することも、後頭部のコリをほぐすことで、「まぶたのたるみ、むくみ」の改善に繋がります。

シャンプーしながら頭皮マッサージ!

①5本の指で前頭部フェイスラインの地肌をセンターに寄せる

お湯でしっかりとすすいだ後シャンプーをよく泡立ててスタート。生え際から前頭部に向かって指を大きく開いてセンターに地肌を寄せるように頭蓋骨を洗うイメージで行います。むくみを取ってくれる効果が期待できます。

②側頭部は耳からこめかみまで洗う

耳の上からこめかみにかけて、3回にわけて少しずつ上がっていくように前後にスライドさせて洗います。指5本をしっかりと地肌に沿わせてしっかりと頭蓋骨を洗うイメージで洗っていきます。

③側頭部から頭頂部を上下に細かく洗う。

側頭部から頭頂部に向かって洗います。上下にしっかりと動かして最後は左右の指が交差するようにします。

ご自宅でできる簡単頭皮ケア是非とも皆さまお試し下さい^ ^

idea オームラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です