スタイリング」カテゴリーアーカイブ

メンズスタイリングに欠かせないヘアワックスの選び方

みなさんこんにちは!茨城県守谷市の美容室、RAY新守谷店の新井です!!

今回はスタイリング剤、中でも1番よく使われているであろうワックスの選び方についてです

色々なワックスを買っても合わなかったり思い通りにいかなかったりすると思うので髪質やヘアスタイルによって最適なワックスを選べたら無駄がなくなると思います。

各メーカーによっても様々なのですが少しでもワックス選びの参考になったら嬉しいです。

メンズスタイリングに欠かせないワックスの種類

ファイバーワックス

ファイバーワックスはワックスを手に取った時に糸を引いたようになるワックスで繊維が含まれるワックスです

メリットは髪の毛に馴染ませやすくセットが用意で毛先の動きを出してしっかり作り込んだスタイリングが可能で、セットした後もキープ力があります!パーマスタイルなどと相性が良いです!

ですが油分が多いため重くなりやすく軟毛の場合髪の毛が潰れてセットが崩れやすいので軟毛の方は付けすぎに注意が必要です!

自然でふわっとしたスタイリングにも向かないので注意してください

マットワックス

次はマットワックスです、クレイワックスなどもこのワックスに分類されます

メリットは名前のとおりツヤの出にくいワックスで軽い質感をだしつつ軟毛の方でもしっかり髪の毛を固めることができます!

ですがワックスの伸びは悪くパーマスタイルのセットなどには向きません

クリームワックス

次はクリームワックスです、このワックスは今まで紹介したワックスの中間のスタイリング剤で伸びが良く、ツヤとふわっとした質感を出すことができます、長さのある髪の毛でもしっかり馴染ませることができます

ですが髪の毛の動きを出したり固めたりは出来ないのでナチュラルなヘアスタイルの方に向いています

ジェルワックス

次にジェルワックスです、ジェルワックスの特徴は髪型を崩さないホールド力と艶感です

スタイリングも簡単にできるのがいいところですが一度固まると手直しができない事と動きのあるスタイリングはできません、前髪を上げて髪の毛を流したりする方にはぴったりかも知れませんが、ふわっとさせたりパーマスタイルには向かないかも知れません

 スプレーワックス

スプレータイプのワックスはつけ心地が軽いものが多くなりますが、メンズのレングスではハードスプレーを選択することが多くなると思います。

スプレーはメンズヘアに限ってはワックスをつけた後のヘアスタイルをキープする役割を果たします

基本的な使い方はスプレーをよく振り20cm程離してまんべんなく吹きかけましょう、そしてスプレーを吹きかけた後はなるべく髪の毛に触らないようにすることが重要です、触れてしまうと粉吹きを起こしてしまい、スタイルが崩れてしまいます。

 

ムースタイプ

泡状のスタイリング剤です、質感はしっとりツヤがに出るタイプが多く、主にパーマスタイルや癖毛の方、カールを出したい時に使います。

重くならずにウェットな質感になります、基本的に固まらないので使いやすいスタイリング剤です。

グリースタイプ

こちらもウェットな質感を出すことができるワックスです、ジェルのような感覚で使うことが出来ますが、固まらずに手ぐしで手直しすることができます、ウェットな質感になるので動きのあるスタイルなどには向きませんが、通常のワックスと混ぜることで動きとツヤのあるスタイリングができます。

バーム

自然由来の原料で作られているので髪の毛以外にも爪や肌にも使うことが出来ます。肌にも優しく、オーガニック志向な方に向いています。

保湿力が高く、ツヤのあるナチュラルなスタイルを作ることができます

最後に

いかがでしたでしょうか、スタイリング剤はここに上げた以外にも沢山の種類がありますが、普段男性が使うスタイリングは当てはまってくるかと思います。ワックスはそれぞれ硬さや伸びの良さなども自分の髪質やレングスで変わってきますので参考にして頂けたら幸いです。

 

 

ショート ボブの正しいドライ方法と気になるコンプレックスを解消する術

ショート ボブの正しい毛流に対するドライ&ブロー方法と気になるコンプレックスを解消する術

皆さんこんにちは^_^

RAYみどりの店武田です!

 

最近はより一層寒くなってきましたね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

そんな寒い日が続く冬は服装が首回りが厚い物が多くなってきますよね。タットールネック、、パーカー、、ダウンジャケット、、マフラー、、

などなどありますがこれらを着用するときにロング又はミディアムレングスのヘアスタイルだと擦れて静電気が起きダメージになったりせっかくスタイリングしたヘアも崩れてしまいやすいです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

そんな厚めのファッションにぴったりなのがショート、ボブ系のヘアスタイルです♪

首回りを空けるこれらのスタイルは静電気やスタイリングをくずしたりなどを避けることが可能です。

 

 

このように服に触れないくらいの長さがベストです♪

でも、短くして似合うかわからないな、、、

なんて方にも必ず似合わせられる方法もちゃんとあります!

①前髪で肌の見え方の調整をする

 

②スタイリングで縦、又は横にボリュームを出す

 

①と②で共通してることは人によってのお顔の形や雰囲気によって変えていくということです。

例えば、丸顔が気になるんです、、(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

という方をボブに切った場合↓↓↓

①丸顔の方をボブにカットすると全体の形がになってしまいますので、前髪の作り方を分けて流すようにする、シースルーのように隙間を作る、などをしてとにかく肌の見え方を縦にすることで丸いシルエットに縦の隙間が緩和の役割を果たしてくれます^_^

 

②①で縦の形の肌の見え方を作ったら今度は全体的なシルエットも縦にしてあげるとより似合わせレベルが上がります。

スタイリングの際にトップへのボリュームをブローや手櫛でひっぱったりと作りサイドのボリュームはおかしくならない程度まで落としてあげると丸顔のコンプレックスを解消できますよ^_^

 

 

ここからボブ、ショートに共通する人それぞれに合った乾かし方とブロー方法を紹介します

ボブやショートにすると日本人ならもちろんのごとく人それぞれが持っている毛流れやクセが必ず出てきます。

普通に乾かしただけではこの二つによってやっぱり切らなきゃよかった、、、なんてこともでてきてしまうかもしれません、、(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

毛流れについて

人には必ず時計回り 反時計回り 他方への流れが存在します。 これらは毛流とよばれこの流れに逆らって乾かすとボリュームがでたりはねてしまっりしてしまいます。

つまり! 毛流を解決する乾かしたかは流れには逆らわずに毛流通りに乾かすことがドライヤーのみでヘアスタイルにまとまりがついてくる方法です。

ブラシやコテ等のスタイリングの際にも同じことが言えて毛流に逆らった方向にスタイリングしてしまうといくらブラシやコテを使ってもはねしまうんです´д` ; なのでこれらを使うときでも毛流を意識してあげるとまったくはねることがなくきれいに形を作ることが可能です^ ^

※ただし例外の場合もあり毛流に逆らわなければいけない方も実際にはいらっしゃいますので担当の美容師さんに相談することをオススメします

 

ここで毛流に対しての乾かし方を箇条書きで説明していきます♫

(例)

・毛流は反時計回り

・丸顔が気になる

・毛が細くボリュームを出したい

①まず濡れている髪を乾かすことよりも髪をめくったりなどして根本の部分を全体的に乾かしていきます

 

②8割くらい根本が乾いてきたら反時計回り通り、つまり左サイドは前に向かって、右サイドは後ろに向かって、バックは左に向かって乾かしていきます

ちなみに丸顔とボリュームが出づらいということに対しての方法ですがこれらのように毛流通りに乾かしてもボリュームはでません。

先程にも書いた通りボリュームを出すには毛流に逆らった乾かした方をしていく必要があります。

全体の丸いシルエットを崩すには縦の要素が必要です。なのでトップのみ真後ろに向かって乾かしていくと毛流に逆らうことができるので簡単にボリュームがでて縦の要素を作ることができます!

 

③全体が乾いてきたら最後は②の方向に冷風を当てていきます←ツヤが出る、きれいにまとまったスタイルの1日のもちがよくなる

 

 

 

なんとなくイメージがわきましたか?^_^

 

写真を使って説明しますと、一番目の写真の方などは典型的な元々のクセがあり乾かし方を特に気をつけないと思うようにはまとまりづらいという髪質です。逆に言えばこういうクセのある方こそ乾かし方が合っていればまとまりが出て喜んで頂けるのかなと思います^_^

実際この方も毛流れに合った乾かし方と元のクセを利用したスタイリングなのでコテ等は使っていないです^_^

 

 

このようなちょっとした知識があるだけでもいろいろな悩みのあるお客様にも喜んでいただけたりお客様の私生活も豊かになってくるのかなと思います!

 

 

 

 

最後に

美容師さんやお家で悩んでいる方もぜひ参考にして頂けると幸いです(╹◡╹)

レクチャーはいつでもさせていただきますのでぜひお店にも来てみてください^_^

 

 

RAYみどりの店

武田悠太

茨城県つくば市みどりの1-2-1

029-828-5271

【永久保存版】美容室でのスタイリングを再現!自宅で自分で簡単にできるコツとやり方

こんにちは。

idea流山おおたかの森店 スタイリストの富田哲夫です。

 

最近、お客様から

「美容室で上手くスタイリングできても自宅でうまくいかない」

「白髪が早く気になってしまう」

「ボリュームが出ない」のでどうしよう。

 

そんな相談をよく聞きます。

年齢を重ねるごとに、

抜け毛や白髪、ハリ、コシがなくなってきたなど、髪の悩みは加齢とともに変化します。

 

そんな中、

スタイリグが上手くできることで上記の3つの悩みを解消することができます。

方法を知っているか、知らないかで

その日のスタイルは大きく変わってきます。

 

残念ながら、月に1度来てくださるお客様でも  365日中、12日しか、僕たち美容師がスタイリングすることができません。

残りの353日はお客様自身でスタイリングして頂くことになります!

 

 

 

あれ上手くいかない、どうやったらと思った時はコレを読み、思い出していただけたらと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. 髪の毛のことを知ろう!スタイリング編

 

髪の毛は

 

・濡れている時から乾いた時

・熱を加え、冷めた時

 

に形が決まる性質があります。

いわゆるドライヤーで乾かしている時です!

 

そのため、

乾かし方で1日のスタイルが決まるといっても過言ではありません。

 

※寝癖があるときは、濡らすことで

スタイリングをしやすくすることができます!

濡らすところは全体なのか、毛先なのか、根元なのか必ずしも全体を濡らさなくても、大丈夫です。

 

2. 自分のなりたいスタイルをイメージしよう!

 

 

まずは自分がどんなスタイルになりたいのか

美容師がどんなスタイルに切ってどんなスタイルにしてくれたかを知りましょう!

 

よく担当するお客様は、

家でも上手くいくようにと、写真を撮って行かれる方も多いです!

コレも一つの方法だと思います!

 

あと美容師に自分が普段どんなふうにスタイリングをしているのかを伝えて下さい。

そして、明日からは、どんな風にスタイリングすればいいのか、必ず聞いてください!!

 

3. 乾かす前に

乾かす前に必ずしていただきたいのが、

トリートメントオイルをつけることです。

コレは結構大事です。

髪は栄養がなくなってくると、潤いを保つ力がだんだんと失われ、柔軟性の乏しい髪になってきます。そして弾力やハリがなくなり、さらなるダメージの原因や手触りの悪化につながります。

 

つけることで、スタイリングがしやすくなります!!

 

 

idea流山おおたかの森店の

オススメが「N.シリーズ~シーオイル~」

 

4. 乾かし方

~乾かしの基本は、気になるところから~

 

分け目が気になる方、顔周りのクセが気になる方、ハネてしまう方、トップのボリュームが気になる方、えりあしの浮きグセが気になる方。

お一人おひとりに気になるところは違っています。

 

そのための気になる場所が自然乾燥してしまわないように早めに乾かしましょう!

 

5. 気になるところ別スタイリング方法

※まずは濡れていることが前提です。

濡れていない時は、寝癖直しをつかったり、手を水道で濡らして根元、もしくは毛先を濡らしてください。

 

 

 

 -1. 分け目、トップのボリュームが気になる方(根元をぬらしてください)

まずはいつも分かれてしまう、分け目「ジグザグにとります。その上に指の腹をあて、温風をあてながら前後左右にこすります!  

 

 

 -2. クセのある方(クセの部分を濡らしてください)

出来るだけ早めに引っ張って乾かしてください。ドライヤーで乾かし温め、冷風をあて冷めるまで引っ張ってください。

 

 

 -3. えりあしの浮きグセ

寝癖で、うまいようにつぶれている場合は、ムリに手を加えなくていいと思います。

濡れていて浮いている場合は手のひらで押さえながら、上から風を当ててください!

 

 

 -4. ハネてしまう方

ハネてしまう方は根元の乾かし方が原因なことが多いです。

前からドライヤーの風を当ててしまうとハネやすいです。

なので下を向き根元が前に向くよう後ろから風を当てるようにしてください!

 

 

 

 

このように、それほど難しくない乾かし方で簡単にお悩みの解消できたスタイリングができるようになります!

iまだまだたくさんの方法で、多くのお客様を綺麗にしています。

スタイリングでお悩みの方は、idea流山おおたかの森店の富田哲夫までご相談ください!

 

 

 

さらなる情報は

coming soon