千葉、茨城の美容院ideaのメディアサイト>ブログ>40代でポイントパーマをかけるべき5つの理由

40代でポイントパーマをかけるべき5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40代でポイントパーマをかけるべき5つの理由

ポイントパーマとは部分的にパーマをかけることを言います。

これはカールもストレートも含みます。
まず部分的にパーマをかけることができるというのも実は知らない方も多いです。
そしてお客さまから多く寄せられる声としては「部分的にパーマをかけた場合他のかけていない髪の毛となじまなくなるのではないか」「せっかくパーマをかけるなら全体にかけたい。ポイントパーマにするメリットとは何か」というものでした。
もちろん全体にパーマをかけるのも素敵ですが、何故ポイントパーマをおすすめするのかidea南守谷店現役スタイリストの染谷がお伝え致します。

1つ目の理由 スタイルを選ばない


ポイントパーマはスタイルに合わせてかけるので、ストレートでもカールでも、ロングでもショートでもかけることが出来ます。

ポイントパーマをかける時のケースをご紹介致します。

「前髪を流したい/ふんわりさせたい」


前髪が長い方が顔にかからないように流す目的だったり、ぺたっと潰れるのが嫌な方が前髪だけかけることもあります。

もちろんパーマは固定できるものでは無いので
下を向けば顔にかかりますが、軽く手ぐしで流した時に流れやすくなる「ちょっと楽になるお手伝いパーマ」としてできます。

前髪のふんわり感も毎日アイロンでセットするのは無理だという方にはとてもおすすめできるパーマです。

「トップにボリュームが欲しい」


元々猫毛の方やパーマをかけたものの、毛先に中途半端に残るパーマでやりにくくなった方や40代になって毛が細くなりトップにボリュームが出にくくなった方にオススメです。

ストレートスタイルの方はあくまでボリュームを出すためなのでカールは不必要です。
なので大きめのロッドで根元から巻けばトップや後頭部の欲しい所にふんわりとした丸みを家で簡単に乾かしても作ることができます。

パーマを普段から掛けてる方はいつものパーマをトップにだけかければ良いのでなんの心配もありません。

「ストレートでもポイントパーマはできるのか」




もちろんできます。
ストレートパーマは基本的に癖をとるためにかけますがぜんたにかけないといけないわけではありません。
癖が特に強い場所や目立つ部分だけかけることができます。

例えば全体ストレートかけるなら1年の中でも1番湿気の多い梅雨時期にかけたいですよね。
でもそれにはまだ早い時期に目立つ所の癖が気になったとしたら、梅雨時期まで我慢するのは大変ですよね。

そういう時にストレートをポイントでかけるとサイクルが安定して過ごしやすい梅雨になります。

2つ目の理由 時短できる



40代女性は仕事でも家庭でも忙しい世代ですのでそんなに時間をかけられませんよね。
そんな中家でのスタイリグの時間が短縮することが出来れば忙しい朝少しは楽になりますよね。

美容室での滞在時間は施術内容が減る訳では無いので大幅に時間を削ることが出来るわけでは無いのですが、施術する範囲が狭まるのでその分の時間が短くなります。

場所によってはカットと同時進行することも稀ですが、あります。

3つ目の理由 価格が安い



全体をかけるわけではないので通常料金よりも安く設定してある美容室が多いです。
ロッドの本数や範囲などお店によって規定が違いますが
ストレートで2000円〜5000円
縮毛矯正で3000円〜6000円
パーマで1000円〜4000円
くらいが相場です。

気軽にいつものメニューにプラスしてみるのも良いかもしれません。

金額がそれぞれ違うので理想のかけかたと必要な範囲を予め担当美容師さんに確認しておくと良いでしょう。

4つ目の理由 ダメージが少ない



部分的にパーマをかけるのでかけない所は薬剤を使用しない分ダメージがゼロです。

なのでポイントパーマで悩みが解決するのであればそちらにする方が良いでしょう。

もっと細かい話になると1番最初に薬剤をつけた所から薬の反応は始まります。
ロッドの本数が多かったり、薬剤塗布範囲が広いと最初に薬剤を付けた所と最後に付けた所での時間差が生まれ、それが大きい程必要以上の時間をおかないといけないので最初に薬剤をつけた所はダメージが大きくなってしまいます。

よって範囲はロッド本数が少ないほどダメージが少なく施術することが出来ます。

5つ目の理由 メンテナンスとして有効



こちらもスタイルによってタイミングが変わってくるのでスタイル別にご紹介致します。

ストレートパーマの場合


・全体をかけるには周期が早いけど目立つ部分だけが気になる
・毛先にカールパーマをかけているけど根元の広がりが気になる

の場合が多いです。

カールタイプのパーマの場合


・毛先の動きは気に入っているけど髪が伸びた分中間部分の動きが欲しい
・前髪を流したい
・トップにボリュームが欲しい

の場合です。

どちらも今のスタイルを崩さずにポイントパーマをかけることが出来るので、今のスタイルを綺麗に保つためのメンテナンスとして有効ですよね。

まとめ


ポイントパーマというと色々な不安や疑問が多く出てきやすいですが、実はとても使いやすくメリットも多いです。

この部分だけこうしたいけどわがままかな?美容師さんを困らせてしまうかな?と思われる方も多いらしく、ポイントパーマを提案させていただくとそんなこともできるの!?と驚かれることも少なくありません。

もしポイントパーマを実践するのであれば悩みや理想を伝えてからポイントパーマで解決出来るかどうか聞いてみるとスムーズに施術できるかと思いますので、ぜひ試して見てください。

染谷 江里奈 idea南守谷店

染谷 江里奈 idea南守谷店

Written by:

スタイリストの染谷です。

 

私が大切にしていることはそのお客様にやりやすい髪型を提供することです。

 

髪の毛にどれくらいの時間をかけることが出来るライフワークなのか、どこにどんな悩みがあるのか、どういったものが理想なのか、その後数日経った時どうなったか、をしっかり話し合って決めたいです。

 

理想と現実の差を少しでも縮めることが出来るように日々努力しています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

染谷 江里奈 idea南守谷店は、こんな記事も書いています。

  • 40代でポイントパーマをかけるべき5つの理由

    40代でポイントパーマをかけるべき5つの理由

  • 意外と知らない美容室での白髪染めの3つのポイント

    意外と知らない美容室での白髪染めの3つのポイント

  • 40代でパーマをかける時の気をつけるべきポイント

    40代でパーマをかける時の気をつけるべきポイント

  • 40代女性の髪が細くなる5つの原因とその対策

    40代女性の髪が細くなる5つの原因とその対策

  • 40代からの大人女性の似合わせカット

    40代からの大人女性の似合わせカット

  • 初めて白髪を染めるタイミングとそれまでの誤魔化し方

    初めて白髪を染めるタイミングとそれまでの誤魔化し方

アーカイブ

前月

2020年04月

翌月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             

今月のカレンダーを表示する

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

新着ヘアスタイル